2018年02月25日

せごどん 不吉な嫁の感想 西郷さんの無敵なカリスマ力に脱帽と失望

面白く見てます
映像がいいね
直虎より、セット感がないや
うまいんだね、綺麗だし風景が
三河田舎じゃない
九州の地の利があるんだよな

オープニング映像も綺麗だなあ
センスがあるんだよね
直虎のアニメのオープニングはイマイチ、概念は表現できたが、映像の美味しさがなかったかも

音もいい
音楽、俳優の声

声のいい俳優を使っている
黒木華、松坂慶子、風間杜夫、瑛太などなど

今回、江戸の準備金、みんなが集めた
カリスマ性なんだよな
人がいいことになってる
そこが見どころで感動のタネになる
幕末に権力を持った西郷がどうなるのか
スケールがでかいところで人情は通用するのかが見どころで西南戦争までつながる興味

だけどさ、西郷カリスマ性あり過ぎでみんな愛してて殿様にも好かれてる篤姫にもって無敵過ぎて、無敵なドラマは面白いのかい?日本一の男のドラマ、そこにも苦労はあるだろうが、オレにはリアルじゃない

人生反省するよ、志が低くてごめん
だがそんな人ばかりだし、
でも志に生きなくてどうする
別に他にやること無いんだから
とも思うが

直虎はリアルだった
農民をよく描いた
無敵じゃないところに留まったところが評価すべきだった
リアルなのは直虎だったのだ

さて、西郷どんをどう見るか



posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 21:53| Comment(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
\