2018年02月25日

せごどん 不吉な嫁の感想 西郷さんの無敵なカリスマ力に脱帽と失望

面白く見てます
映像がいいね
直虎より、セット感がないや
うまいんだね、綺麗だし風景が
三河田舎じゃない
九州の地の利があるんだよな

オープニング映像も綺麗だなあ
センスがあるんだよね
直虎のアニメのオープニングはイマイチ、概念は表現できたが、映像の美味しさがなかったかも

音もいい
音楽、俳優の声

声のいい俳優を使っている
黒木華、松坂慶子、風間杜夫、瑛太などなど

今回、江戸の準備金、みんなが集めた
カリスマ性なんだよな
人がいいことになってる
そこが見どころで感動のタネになる
幕末に権力を持った西郷がどうなるのか
スケールがでかいところで人情は通用するのかが見どころで西南戦争までつながる興味

だけどさ、西郷カリスマ性あり過ぎでみんな愛してて殿様にも好かれてる篤姫にもって無敵過ぎて、無敵なドラマは面白いのかい?日本一の男のドラマ、そこにも苦労はあるだろうが、オレにはリアルじゃない

人生反省するよ、志が低くてごめん
だがそんな人ばかりだし、
でも志に生きなくてどうする
別に他にやること無いんだから
とも思うが

直虎はリアルだった
農民をよく描いた
無敵じゃないところに留まったところが評価すべきだった
リアルなのは直虎だったのだ

さて、西郷どんをどう見るか



posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 21:53| Comment(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

大河ドラマ『西郷どん』の1,2回をみた感想 あまりに単純過ぎるが楽しめそう。

大河ドラマファンなのでセゴドンも見るとです。

1回目は斉彬に言われたからといって
弱い者のためになりたい!
とか急に子どもが決意するとか、
斉彬に影響されすぎな子どもが
ぼくには不自然に映った。

ストーリーが整理されすぎている。

人生はもっとボンヤリして曖昧なものではないのかと思うのだ。

冒頭はよかった。西郷の未亡人が銅像完成に対して、こうではなか!あの人は!
と否定するのだ。そう、人物や人生はあんなに単純ではないはず。

2回目も貧しい農民のために生きる姿が描かれた。

これも整理されすぎて人工的な臭いが鼻に付いた。

昨年の直虎では武士だけじゃない農民や商人が描かれて興味ぶかかった。
そして反戦のドラマだった。こうまとめてしまうと単純に思えるがそれ以上の苦難や要素があった。

ことしの西郷どんでは、
利他、つまり他人のために生きるがテーマだろうか。
あるいは、理想と現実のギャップ。

興味深いテーマであることは確か。
そして死に向かっていく人間のドラマを人間は好む気がする。参考は真田丸。

史実との整合性を非難してしても仕方ないよ。
今年も楽しめそうだ。

続きを読む
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 21:44| Comment(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

日曜美術館 モランディの回の感想:シンプルな品格

20世紀イタリアを代表する画家ジョルジョ・モランディ。描き続けたのは、瓶、缶、水差しなど、日常にあるごくありふれたもの。一体その不思議な絵の奥に潜むものとは?

故郷の街イタリア・ボローニャの一角で、生涯静かに絵を描いて過ごしたモランディ。お気に入りの瓶や缶を並べ替え、色や構図を変えながら、降り積もる埃(ほこり)まで描いた。その作品は、世界中にファンを持ち、ホワイトハウスにもオバマ大統領が選んだ絵が飾られているという。一見何の変哲もないその絵が人々を魅了するのはなぜ?現代美術作家・杉本博司さんなど、モランディを愛する人々が様々な角度から魅力を語り尽くす。

日曜美術館「埃(ほこり)まで描いた男〜不思議な画家・モランディ〜」 - NHK

モランディの静物画。ありふれた静物画のように見えます。

モランディは同じモチーフを一か所にまとめたり、一列に並べたり、果てしなく組み換えながら多くの作品を描きました。構図や色彩が少しだけ異なる絵たち。しかし、モランディはそのわずかな違いに心血を注いでいました。

「絵の一点一点がごくわずかな変奏になるように構想して来たのです」(モランディ)

モランディは物の配置を変えたり光を調節したり、埃に執着することで好みの色彩や構図を試していました。

ジョルジョ・モランディ|日曜美術館 – テレビのまとめ

モランディは教師の職があったので、趣味に集中できたのでしょう。

解説のなかでは、色の境界を楽しんだ、と言う人もいました。杉本は、東洋的なずれに本質があると述べた。

私はシンプルさにモランディの品格を見る。シンプルは品格であると思います。
そして、静けさ。

静かな音楽。

品格を保ちながら楽しむ。それが、いい遊びだと思います。

そこに色があり、ずれがある。ホコリもあってもいい。

そうそう、モランディの絵肌もいいですね。テレビでみただけですが、いい感触でした。

人生がいい状態であるには、品格や、美しさが保てればいいのです。
そこに、新しい美が生まれた。

展覧会は、岩手か。やれやれ。

ジョルジョ・モランディ ― 終わりなき変奏 ― | 全国巡回展情報 | 美術館・博物館・イベント・展覧会 [インターネットミュージアム]

posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

大河ドラマ『真田丸』『上洛』の感想:真田昌幸の智略もここまでか

家康の上洛につづき、真田昌幸も上洛しました。秀吉からは、家康の部下(与力)となれ、と命令を受けて、これまでの努力は何だったのか?という展開。

上洛を拒否したり、引き伸ばしたりするところは、家康、昌幸共に駆引やプライドの様子が、よく描けていたと思います。今回も最後、家康の部下になれと命令があり、昌幸が武田時代からのサバイバル、家康との戦、智略は何だったのか、という感情が視聴者にも非常に伝わって、むな苦しいほどでした。おまけに、松(信繁の姉)との再会も感動的でした。

実際の史実はどうだったかと考えると、権力に屈して家康の部下になる真田家ですが、これは予想できなかったのか?ということです。もちろん視聴者で阿呆な私は気づかなかったですが、チカラに屈する以上、どんな命令もありえます。秀吉からすれば、家康に恩を売るために、こうすることはあり得る話かなと思いました。もしこれが予想できなかったとすれば、権力闘争の時代では、危ないので、ドラマでは意外でしたが、実は予想していたかもしれない、と思いました。

もちろん予想外の展開と、昌幸の苦しい気持ちがびんびん伝わってきたので、今回も非常に大河ドラマを楽しめました。

それと、石田三成がくさいくさい言ってた毛皮を会見のときに秀吉が着ていたのは気づきましたか?
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

真田丸 第10回『妙手』メモ

あらすじ 第10回「妙手」|NHK大河ドラマ『真田丸』

まあ、動画をみてください。

徳川、真田、北条の駆引です。真田信繁の計略がうまくいく回です。
それぞれの大名の立場と、国衆の立場、おばばさま、面白いですね。
徳川も手強い。上杉を利用して、上野に攻め込むと思わせて、岩櫃から、北条を撤退させた。

華麗ですが、これは史実か。
黒木華が良すぎる、そして、退場して、伝説となり、長澤まさみでガマンするのだろうか。

それぞれの思惑で、誰の思惑も通らぬ。それが歴史なのかもしれない。それは今も同じである。

posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

日曜美術館 リウンファン

ベルサイユの虹のアーチ。
美しい。あれは日本でみた虹。
余白と、作品の影響をいう。
鉄板に映る緑。人の心。

また、芸術家の役割は、隙間を見せること。
と、言っていたと思う。隙間を広げるだつたか?

なんだか隙間ってあるよね
注意ぶかくみなきゃないよね、
芸術はツイッターでつぶやくことではなく、やはりよく考えたものだろうなと、はんせいした
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

情熱大陸 武井咲感想

家族思いの、いい人
モデルは自分ではない、女優はできなくて、やる気になったという
思いっきり走ってて、本当まっすぐで、いいね

でも、おじさんは、自己実現てやや古い気がした
本当いい人だけど、古風なストーリー。
ぼくも他の人生は、選べない
武井咲も同じではないか
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

あけましておめでとう

あした、7:30から伊藤若冲の番組します。

今日は、22:00から、ティナ先生の白熱教室が良さそう。

帰省したら、家族と団らんがうまくできなくて、いつから、こうなってしまったかと思った。話題もないんだ。という風に思えて、すぐ部屋に帰る。

パソコンがないから、タッチから書いています。エアーが欲しいな、マックね。

特に必要じゃないのに、欲しくなるって困ったものですね。何かできるようになるわけじやないのに。

ジョブズの番組みたら、感動した。また感想はパソコンあるいは、エアーで、書きます。いや、エアーはないから。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

ダウンタウン松本はツッコミもできるのかあ

ガキみてて、山ちゃんが昭和歌謡なりきりやってて、山ちゃんうたうまいなあ、て、笑ってた
司会のひとはダウンタウンにタメ口で、それをツッコミしてたのは浜田だけど、さらに司会のがぜんぶふりかえりしてて質問して、松本が全部振り返るのかい、とツッコミしてた気がする
あとで、ツッコミもするねんなとおもむていた
だけど、ツッコミは抽象化であることに気がつく
今の面白いことを短く説明する
エッセンスを取り出す

例えば、山ちゃんの聖子ちゃんの目、やめやとか。
やめや、と言うのがすごいな、浜田。

エッセンスが明らかになって、みているひとは笑うのかな

さまぁ〜ずの三村のそのままツッコミは、抽象化の正反対であり、ツッコミのパロディということか

では、ボケの本質とは何か?また考えていたことにする
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

ヒストリア 秀吉の筆まめ

再放送でまた見たのだが、やはり傑作だ。

まだ途中なのだが、嘘の手紙は戦国の活きる術としても、相手を気遣う手紙は現代人のようだ。

自分の乱筆を詫び、自筆であることをさりげなく伝えるあたりは、天下人さすが、というところだ。

戦国の天下人の息遣いがつたわる傑作回である。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

児玉清さん追悼番組

アタック二十五の時間にやっていた。

若い頃はいい男、若いまま、年齢を重ねた。

勉強し続けることが大事だと、言っていたらしい。

派手ではなかった。

しかし、その勉強は人柄に出ていた。

俳優であり、勉強家は何かを確実に成し遂げた。

posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

北の零年 映画

話がよい

ビッグフィッシュの方がうまいのだ

アメリカ

話としていいから

廃藩置県とか雪の中とか、クール

映像はテレビだからかあまり良くないのだ

ビッグフィッシュだって映像はどうだったか、

いや、自然はなくとも、映像はいいのかもしれない

もっとこう撮るとかあるかも

撮ったことなどないのだがね
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

もしドラアニメみた

ストーリーが面白い

内容はドラッカーは薄いけど、ストーリーがいいから、ゆっくり入り、よい

伊藤若冲を好き、大野くんがやってて見逃してる

再放送期待
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

映画 ゼロの焦点 みた

なにか頭いたい

松本清張、知らないが

良かった、はくりょく


そして、単純でない人の描写、

展開と時間をかけて、描くのだ

最後は、時代にまで目が行く。

素晴らしい作家だったのだな、松本清張。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江 離縁せよ

むちゃくちゃなーて

展開、そらが戦国時代で権力なのかな、

家康、千利休とか、クールで、

頭使うところが、面白い。

あと、おねがやっぱりすごいな

来週は、秀吉の正体、面白そう
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いくつか 斎藤投手とか

テレビ見過ぎで頭いたい

斎藤投手、昨日NHKで西武の元監督伊藤さんがくろうすると予測していたが、まあ当たっていたかな、コントロールピッチャーの宿命?

井口の貫禄すごい

ヒストリアは、さくらのはなしと、大仏殿のはなし、ヒストリアいいね

江は再放送、

トリコはいまいちだなあ、、

日曜美術館は、マリーアントワネットと、ミシェルブランと、誰か、

いい回だったの。なんだか感動。

将棋はNHK杯、羽生さんつおいお

松本人志のMHKは一話だけ、笑った

プラネットアースは天空編、極点、自然の厳しさがよい

ビデオ残り容量が無いから見てるのだが、辛い、けもちわるい

タモリ倶楽部は世界のインスタントラーメン。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

江 大河ドラマ 義父の涙

豊臣秀吉、柴田勝家、いくさに至る過程は柴田勝家側からは新鮮

最後は男はプライドが有って、浅井長政も層だったということで、娘たちも、江を除いて賛成してしまう。

戦に関する長い思考は、大河ならではかなー。

しかし、こうも簡単に戦争か

NHKスペシャルも、戦争の決断、

しょせん組織の自己防衛とか、プライドか。

無い方がましだ、力も組織も、プライドも、って思ったよ
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

江 大河ドラマにあまり乗れない理由

楽しいにみてる

面白いが、篤姫ほどじやない気がする

なぜ

なんか史実と違う感じが強いのでは?

光秀と江が会った、本能寺後とか有るのか?

気になるだけで、もう気が散っている

篤姫も気になったが、違いは何か、気になるところです。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

大河ドラマ 江 信長の秘密

日本語が面白いな、

信長のセリフとか、築山殿事件は謎で、

今日は引っ張られた。

脚本家うまいなとか思うけど
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

seesaaアプリが落ちた

iPodで書いてたら、アプリが落ちた。

ありえない、あーあ。

長谷川りん二郎は素晴らしい、というか、日曜美術館のゲストの小栗監督、いいもの知ってるなー

とだけ書いておこう
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
\