2016年10月15日

真田丸の一つのテーマはコミュニケーションの失敗ですね

石田三成の豊臣への忠誠はあまり理解されなかった。むしろ自分の利益のためと誤解された。志がありながらも仲間が集まらなかった。
豊臣秀次もコミュニケーションがうまくいかず切腹した。
片桐且元は徳川との交渉に失敗し大阪城を去った。

今回の大河では以上のように描かれた。

コミュニケーションの失敗の結果、戦争が起きたり人が死んだりする。

これから大阪の陣。真田幸村はどうやって現代の我々にコミュニケーションするのだろうか?

posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
\