2016年05月21日

日曜美術館 モランディの回の感想:シンプルな品格

20世紀イタリアを代表する画家ジョルジョ・モランディ。描き続けたのは、瓶、缶、水差しなど、日常にあるごくありふれたもの。一体その不思議な絵の奥に潜むものとは?

故郷の街イタリア・ボローニャの一角で、生涯静かに絵を描いて過ごしたモランディ。お気に入りの瓶や缶を並べ替え、色や構図を変えながら、降り積もる埃(ほこり)まで描いた。その作品は、世界中にファンを持ち、ホワイトハウスにもオバマ大統領が選んだ絵が飾られているという。一見何の変哲もないその絵が人々を魅了するのはなぜ?現代美術作家・杉本博司さんなど、モランディを愛する人々が様々な角度から魅力を語り尽くす。

日曜美術館「埃(ほこり)まで描いた男〜不思議な画家・モランディ〜」 - NHK

モランディの静物画。ありふれた静物画のように見えます。

モランディは同じモチーフを一か所にまとめたり、一列に並べたり、果てしなく組み換えながら多くの作品を描きました。構図や色彩が少しだけ異なる絵たち。しかし、モランディはそのわずかな違いに心血を注いでいました。

「絵の一点一点がごくわずかな変奏になるように構想して来たのです」(モランディ)

モランディは物の配置を変えたり光を調節したり、埃に執着することで好みの色彩や構図を試していました。

ジョルジョ・モランディ|日曜美術館 – テレビのまとめ

モランディは教師の職があったので、趣味に集中できたのでしょう。

解説のなかでは、色の境界を楽しんだ、と言う人もいました。杉本は、東洋的なずれに本質があると述べた。

私はシンプルさにモランディの品格を見る。シンプルは品格であると思います。
そして、静けさ。

静かな音楽。

品格を保ちながら楽しむ。それが、いい遊びだと思います。

そこに色があり、ずれがある。ホコリもあってもいい。

そうそう、モランディの絵肌もいいですね。テレビでみただけですが、いい感触でした。

人生がいい状態であるには、品格や、美しさが保てればいいのです。
そこに、新しい美が生まれた。

展覧会は、岩手か。やれやれ。

ジョルジョ・モランディ ― 終わりなき変奏 ― | 全国巡回展情報 | 美術館・博物館・イベント・展覧会 [インターネットミュージアム]

posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
\