2016年03月13日

真田丸 第10回『妙手』メモ

あらすじ 第10回「妙手」|NHK大河ドラマ『真田丸』

まあ、動画をみてください。

徳川、真田、北条の駆引です。真田信繁の計略がうまくいく回です。
それぞれの大名の立場と、国衆の立場、おばばさま、面白いですね。
徳川も手強い。上杉を利用して、上野に攻め込むと思わせて、岩櫃から、北条を撤退させた。

華麗ですが、これは史実か。
黒木華が良すぎる、そして、退場して、伝説となり、長澤まさみでガマンするのだろうか。

それぞれの思惑で、誰の思惑も通らぬ。それが歴史なのかもしれない。それは今も同じである。

posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビをみた感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
\