2016年02月29日

『調略』の感想:本格的な計略大河が誕生!!

内容はこちらを見てください

あらすじ 第8回「調略」|NHK大河ドラマ『真田丸』

計略大河が爆誕!

計略大河って意味では、『軍師官兵衛』である。

なんか計略とか最初、でてきて、うお!とか思った。
でも、途中からヒューマン・ドラマになった。
どっちつかずだったわけ。

しかし、『真田丸』ですよ。あらすじみて、わかるか、知らないけど、本格的な計略ドラマと言っていいでしょう。

真田昌幸の計略に、真田信繁が騙される!
長男もだまされる!
そして、視聴者も騙される!!!

今回は、上杉謙信、北条氏政(と、ボンクラ息子として描かれた氏直!)と徳川家康を動かしてしまう。
そのスケール感は面白いとしかいいようがない。

今回は本物の計略大河ドラマです!!!

計略は思考です。

やっぱ面白いよな、人がよく考えたこと、思考ってのは、見ていて面白い。
そして、騙される鮮やかさ。

ぼくは思考のドラマを好むため、今回はいいですね。

そして、計略に気づいているのは徳川家康です。

コミカルに描かれるため、目立たないが、脚本家の三谷幸喜はちゃんと描いている。

何を?

真田信繁のライバルになる徳川家康を!

抜け目ない脚本も、思考の賜物と言えましょう。

posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
\