2015年07月16日

芥川賞の又吉氏を気にせず、大河ドラマ『花燃ゆ』の『泣かない女』について感想を書こう

又吉氏の芥川賞受賞に驚き、内容は読んでいないが、読みたい、羨ましいと思った。こんな薄い文章を書いている場合ではないのだ。文章はもっと考えて書くべきだと思いつつも、雑談としての文章もある、のだろうと思う。文章を手で書いているのだが、書いている速度が遅い。書く速度と思う速度が違う。どっちが本来かと考えると、きっと書く速度なんだろうな。

大河ドラマだけど、なぜか、大奥編が始まった。田中麗奈がでてきて面白い。松坂慶子がでてきて、いい演技だな、いい声だなと思う。誤植しても気にしない。と思ったが、誤植は気にする。この回はおつかい編だったな。良い服を、高杉晋作のもとに送る。褒められるて、女中になる。名前が与えられる。千と千尋みたいだなと思った。名前は奪われ、与えられる。しかし、一番気になるのは、杉文が藩を窮地に追い込んだ久坂玄瑞の妻だということを言いふらした描写だ。おそらく言いふらしたのは先輩女中だと思われる描写だが、その女中である。一重まぶたで、いかにも意地悪そうな女中なのだ。こんな配役は非常に違和感があった。あまりに思考がないと思う。主役はぱっちり二重です。意地悪だから、一重とか、それっぽい顔ってのはあまりに思考停止を思わせ、ドラマどころではない。そういうぼくが一重だからかもしれないが。それは演劇の伝統かもしれない。古代ギリシャから、美男美女が俳優だったかもしれない。こんなこと批判しても仕方ないかもしれない。

一方で、本当に良い回だと思っていたんだよね、実は。主要な登場人物は8−9割は無くなってしまった。杉文と、高杉晋作の再会は、SFっぽく感じた。主要な登場人物がこれほど死んでしまうドラマはあまりないだろう。なんだか、この世でない雰囲気がした。しかし、登場人物は、死者を意識して、生きているのだ。視聴者も一緒だ。登場人物にチカラがみなぎる。それは死者のチカラである。

そんな回だからこそ、変に気がそれたくなかった。では、どうすればよかったか。
意地悪な人も美人にすればよかったんだね、きっと。きっとそんなことは無理だろうけど、若村麻由美の役は単純じゃなくて好きです。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422476849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
\