2015年07月05日

大河ドラマ『花燃ゆ』『妻の戦い』は異常回ですね

久坂玄瑞があっけなく京で、自害した。
よく知らなかったけど、そういう歴史だったのか。朝廷をめぐる権力争いで、長州が、会津、薩摩と戦い、負けたのだ。

ほんとあっけなく登場人物たちが、命を落とす。久坂玄瑞もあっけないくらいで、ドラマの描写も少なかったが、人間の人生などそういうあっけないものかもしれない。

そして、知らせを知った杉文だが、奥で働き、周りの登場人物たちがなぜ死ななければならなかったか、知りたい、とドラマの後半でいう。今日は展開早すぎるぜ。なんだか異常な回で、杉文もどうかしてしまったと思えるかの心情描写が、異常でよかった。

なんだか高杉晋作以外の登場人物がほとんど死んでしまった。ものすごい青春ドラマですね。久坂玄瑞は25だったそうだ。次回は大奥イジメみたいな、田中麗奈と、わけわからん、展開のこのドラマはかえってリアルに感じられる。また次回も目が離せない。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 18:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介

言霊百神 http://futomani.jp/
Posted by コトタマ学 at 2015年07月06日 12:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421842729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
\