2015年05月18日

大河ドラマ『花燃ゆ』は青春ドラマだが、モヤモヤする理由

大河ドラマ『花燃ゆ』の
『松蔭、復活』の意味は、藩主も松蔭の生前の言葉が聞きたいと言い、
松蔭の罪が許され、松蔭の志を継ぐ若者たちが藩の実権と持ちはじめ、
子どもたちも松蔭の書を読み始める、という意味。

復活、というと、言い過ぎの気がするが、
死者が、言葉という形で、生者に語りかけることは可能だという話。
その話は、なんだか嬉しくなる話だった。
脱線すると、高橋源一郎の『ニッポンの小説』によると、
戦後、生者は死者の声が聞こえるといって、
死者の声を間違って代弁してきたのではないか、という説だった。

ところで、『花燃ゆ』の違和感は、
やはり攘夷論者の長州藩が主であり、その方法が
外国人を武力で追い払うことにある。

先週は、魚屋が、幕府寄りの藩の家老に斬りかかった。
今週は、主要な人物が、イギリス公使館に放火。

今の時代でいうテロ行為。
今の時代では、よくない行為とされているため、人物たちに感情移入できない。

ドラマ中で、長州藩はそのときの価値観で、主要な人物が、盛り上がっている。
もちろん、それでいいのだが、
その価値観は、現代と異なるため、盛り上がっていても、
視聴者は、その志に合意できない。

吉田松陰も、攘夷論者だったように描かれたので、
その知の限界を感じてしまう。
このドラマは、攘夷から倒幕、明治維新に進むので、
このもやもやは解消されるだろう。
時代の流れのなかで、進む道が決まっていく。

だけど、しばらくは、モヤモヤしたまま、熱い(ように描かれた)ドラマが
続く。
感情移入できない視聴者はほかにもいるだろう。
しかし、そのモヤモヤのなかで、このドラマが熱く進行していけば、
見たことの無い味わいがある、のではないか。

そういった複雑な感情はあまり描かれることはなかったのである。

『龍馬伝』では、その龍馬の描いた構想は、民主主義や男女平等など、
今の時代と似た価値観だった。だから、さわやかに感じた。
そういえば、土曜日のテレビで、薩長同盟の場に龍馬がいなかったことや、
薩長同盟の文書が残っていないことなど、やっていた。
龍馬もつくられたキャラクターらしい。
『龍馬伝』の龍馬はすごい人だなあ、と思ったものだが、
後世の想像力かもしれない。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419147649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
\