2014年01月05日

NHK大河ドラマ『軍師 官兵衛』の感想と見どころ

とりあえず初回。初回をみれば、力量はわかるものです。

北条の小田原城に向かう官兵衛。撃たれる銃、弓矢。岡田くんがジャニーズだからか?
なぜか当たらない!かすった!頬に傷がっ!
みたいな、シーンが最初のほうにありました。
これはない。というか、ありがちな。だめだ〜〜〜。

後半もなんかありがちな話。

見所は、柴田恭平がまじめな父親武将家老を演じるのですが、そこ。
それは官兵衛も引き継ぐはずですが、まじめすぎて、苦労して生きていくところがみどころ。

しかし、後半の展開だが、官兵衛、野武士集団を神社に襲わせてる真犯人を目撃、家になぜか真犯人くる、父と会談中ゆえじっと耐える、犯人帰る、父親にちくる、なぜいわなかった?、きられると思いまして、なるほど、よくやった、父夜討ち。よくやった。

って、ありえない展開。裏をとらないのか、父親。

まあ、演出上省略したんだろうけど、子供のころから、才能があったというエピソードであり、
それはわかったが、その映像がまったく生きていない。
ただ、そういうお話であり、説明的です。もうだめだろ、これって思った。

初回としては、『天地人』風で、
ここ数年で一番期待できない感じでした。

『天地人』はよかったのですが、
なんかいろいろだめな『軍師 官兵衛』。

『天地人』やったから、同じようなのはもう古いと思えるんだよね、きっと。
そして、『平清盛』が斬新だったからなあ、それに比べると、退屈だった。

桶狭間とか何回みたよ、しかも、見所なし。
出来事をたどっちゃだめなんだよね。

細部に新鮮さがないとだめと思います。

初回は、相当だめで、なんかありがちな感じ満載で、ほんとあかんかった。
一年みれるかな。。。

低視聴率が予想されますが、大河は一年やる強さがある。
次回期待です。

posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天地人自体見ていないので似ているかどうか
知りませんがなんとなく納得できるのが不思議です
今作は人物描写や展開に「?」
とならざる終えない感じですね
特に残念だったのは片岡演じる小寺政職の描かれ方です
ご存知の通り単純な馬鹿大将に描かれていますが
浪人の黒田一族をあそこまで
引き立てた見識と器を持ち合わせた人物であります。
後に、荒木謀反に呼応して没落しますが
あの当時のあの判断は結果こそああなりますが
一概に愚策とは言い切れず利も義もあると思います
政職をただの無能として描いてしまうと
互いの苦悩が描けず、底の浅いドラマになってしまうのは明白だと思うのです。


Posted by 通りすがりの大河ファン at 2014年01月06日 04:31
コメントどうも。

ぼくは片岡鶴太郎がひとすじなわではいけない人物に見えたのです。印象ですが。。。
案外あなどれない人物として、描かれるのではないでしょうか?

なるほど、小寺の今後の描かれかたが、興味深いですね。
今日の第2回が楽しみになりました。
Posted by テレビをみた感想 at 2014年01月12日 15:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
\