2013年01月21日

大河ドラマの低視聴率報道について

暇人\(^o^)/速報 : 【悲報】綾瀬はるかブランド崩壊危機!大河ドラマ八重の桜の視聴率が下げ止まらず完全に清盛コースwwwwwwwww - ライブドアブログ
http://himasoku.com/archives/51762004.html

1月20日に放送された綾瀬はるか主演のNHK大河ドラマ『八重の桜』の第3話の平均視聴率は
18.1%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)を記録した。
前回よりも0.7%の下落。
出演者は綾瀬はるか、西島秀俊、風吹ジュン、長谷川京子、西田敏行、玉山鉄二、
中村獅童、黒木メイサ、剛力彩芽 他。
このドラマは、同志社の創始者の新島襄の妻で、新政府軍と旧幕府軍の間で行われた
戊辰戦争で銃を持って戦った新島八重の波乱の生涯を描く。
八重の桜の第3話はNHKにて20:00-20:45に放送された。

第1話 21.4%
第2話 18.8%
第3話 18.1%


暇人速報は好きだけど、
【悲報】綾瀬はるかブランド崩壊危機!大河ドラマ八重の桜の視聴率が下げ止まらず完全に清盛コースwwwwwwwww


って、タイトルはいかがなものか?

やはり、おもしろいけど、ノリだけの報道はいやだな、と思った次第。

そもそも、主役の女優と、視聴率が低いのとは、どれだけの因果関係があるのか?

去年の大河ドラマ『平清盛』での報道も安易な低視聴率の原因探しが多かった。

サンスポの記事は、こう。

 23日に終了したNHK大河ドラマ「平清盛」全50回の平均視聴率が、関東地区で12・0%と大河史上最低記録を更新したことが25日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 過去の最低は「花の乱」(1994年)の14・1%。俳優の松山ケンイチ(27)が主演した「平清盛」は、初回放送後に兵庫県の井戸敏三知事(67)が「画面が汚い」と批判した独特の演出のほか、複雑なストーリー展開が視聴者に敬遠されたとみられる。

 8月5日放送回で大河初の1ケタとなる7・8%に落ち込み、11月18日には7・3%で最低記録を更新するなどたびたび1桁に。23日の最終回も9・5%と最後まで“低空飛行”だった。


「平清盛」演出や複雑な展開、低視聴率原因か - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
http://www.sanspo.com/geino/news/20121226/oth12122605020005-n1.html

本当にそうか?

画面が汚いって、リアルってことじゃないのか。複雑なストーリーは視聴者は理解できないほど、視聴者のことをバカにしているのか、と思ってしまう。

 しかしつい最近、『平清盛』の次回枠で放映予定の綾瀬はるか主演の『八重の桜』で、綾瀬の相手役に木村の名前が浮上していると一部メディアが報じた。今月中にはサプライズ発表すると、番組プロデューサーは周囲に触れ回っているそうだが……。
「撮影期間中はほかの芸能活動が思うように行えなくなる上、低視聴率のレッテルを貼られるとなれば目も当てられない。木村の出演に関して、拘束時間やギャラの折り合いがつけば可能性もゼロではありませんが、業界的に見ても現在の大河出演にそこまでのブランド力があるのか疑問ですからね」(同)


『平清盛』低視聴率が幸いした? SMAP・木村拓哉が次期大河ドラマ出演か - サイゾーウーマン
http://www.cyzowoman.com/2012/08/post_6491.html

む、これはほんとうか?キムタク?

しかし、テレビの番組が低視聴率だからって、番組のせいだけではないだろう。

そんなに世の中、単純じゃない気がする。
SNSやってたり、リア充してたり、してて、そもそもテレビ、みてないんじゃないのかな?

画面の汚さとか、俳優のせいに、単純にしてる記事を載せてるメディアは、普通に無視したほうがいい。
あまりに世の中を単純に見すぎている。

だめになってきているのは、大河ドラマではなくて、ネットの言論ではないだろうか。

ところで、こんな記事もあった。

作品のダイジェスト映像が流れると、松山さんは目をうるませ涙をぬぐった。くす玉が割られた後、清盛の側近・平盛国を演じた上川隆也さん(47)や源頼朝役の岡田将生さん(23)ら共演者が松山さんに花束を手渡し、“棟梁(とうりょう)”の労をねぎらった。

 松山さんは、病に倒れた清盛が奇妙な夢を見て復活する回が印象深かったと明かした上で、「東日本大震災から半年もたたない中で(撮影が)行われ、自分も生きることに向き合わなければいけないと思っていた」と振り返った。

 視聴率が歴代大河ドラマで過去最低を更新したことについては、「すごく光栄」と胸を張った。「本気で作品を作って(最低視聴率を)出せることはめったにないことで、高視聴率を出すのと同じくらい難しい。(作品のできには)自信を持っています」と語ると、見学していた関係者から拍手が起こった。

松山さん、低視聴率「すごく光栄」 NHK「平清盛」クランクアップ - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/121026/ent12102616450018-n1.htm

この記事はなかなか、味わいがあるね。

ぼくは、大河がおもしろいから、大河が終わる日まで、テレビが終わる日まで、テレビをみようと思います。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いかにも大手プロダクション所属の役者だの〜。
だいたい今の大河ドラマなんて見たいと思わん。
「独眼竜政宗」が凄かった!比べちゃ悪いけど、もうこんな視聴率を取れる大河はでてこんな!十何%がやっとなんでしょ?国営放送の、歴史ドラマなんだから年齢層は関係ないはずだし、もっと視聴率が取れるはず!
完全にもう大河ドラマは面白くないって思っているんだよね、残念だけど......。
Posted by さくら at 2013年02月11日 14:42
「独眼竜政宗」が凄かったっすか。

みてないかも。でも中井喜一の武田信玄は覚えているなあ。

まあ、大河もだいたいつまらんといえばつまらんけど、いいところを拾おうと思えば、面白いし、それなりに作り手も考えていると思うし、綾瀬はるかをみるためにみてもいいし、みなくてもいいかなあ。
Posted by テレビをみた感想 at 2013年02月22日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314642008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
\