2013年01月20日

大河ドラマ『八重の桜』第3回 『蹴散らして前へ』 綾瀬はるかがスキです


八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)


前回の感想では、綾瀬はるかをみるために次回からみようと、決意した。

今日の話を少し面白かった。

八重の兄、たくまが蘭学所を開設など、蘭学をひろめようとするが、
会津藩の上司たちはうんといわない。

たくまは江戸にいって黒船をみたこともあるし、
蘭学を佐久間象山などから習っていて、重要性を知っているが、
昔ながらの会津藩なのである。

そこで、上司に「わかってない」とか「遅れている」とか、
今のサラリーマンがいいそうなことをいって、外出禁止になって、
縁側生活に入った。

あるあるねたである。無理解な上司というのは。
江戸時代って、新しいものへの無理解はもっと強かっただろうな、とか思った。

でも、そんなこともあって、ぼーって歩いていたたくまがほかの武士にぶつかって、
けんかになりそうになって、
槍の試合になって、めっちゃかつんですが、そういうアクションシーンもあって、面白かった。

てか、なんだか、たくまがぼーって歩いてたんだろう!ってつっこみたくなった。
たくま役のひと、めっちゃ体がむきむきだったのでびっくりとか、
どうでもよくて、
上司>>たくま>>昔ながらの若い武士
って力関係が少し面白かったのかもしれん。

八重様も、昔ながらの慣例と戦っていた。
針仕事より鉄砲に興味があるのだが、おこられたり、偏見をもたれたりする。

なんだか綾瀬はるかって、走ったり、一生懸命になってるだけで、
なんだかぼくは感動してしまう。


よくわからないのは、八重様が鉄砲に興味をもった動機がいまいち不明確だと思う。
殿様の恩(第一回)に報いるためとはいえ、人を傷つける銃を勉強したい、って
すごく強く思えるものだろうか。

昔は、武器とか普通だったから、いいのかもしれないが、
時代によって、こうも考えが違うとすれば、興味深い。

ドラマの最後で、八重様の初めての実弾演習で、的中するのだが、筋がいいね!みたいに盛り上がる。
これは前回の俵運びが男よりうまい、っていう、筋のよさは遺伝みたいな話である。
そう考えると、前回と同じ話で、
「やっぱこの子普通の子と違う!」
っていう、普通の話になっるわけで、
平清盛で、よりともが久しぶりに弓撃って、めっちゃはずして周りが固まって、笑う、
みたいな話のほうがうえだと思います。

ところで、今回テーマ曲は坂本龍一で、音楽は別の人。
だからか、テーマのメインモチーフが変奏されるわけでなく、
なんだかその面白さもない。

八重の桜は以上のことから、ありきたりのドラマであり、
『平清盛』のほうがうえということになる気がするが、
綾瀬はるかはやっぱりいいから、『八重の桜』いいよねってことなんだよ。


八重の桜 一単行本
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314458067
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
\