2017年03月20日

大河ドラマ直虎のまあまあ面白いところ『さらば 愛しい人よ』

最近なかなかいいじゃないか


前から書いているけど面白いのは今川義元と今川家と阿部サダヲの松平元康。


最近、この大河の本質が見えつつある。


それは勢力に翻弄される井伊家だよね。


松平元康も人質だったりと翻弄されたとされるが、それより小さな井伊家はもっと翻弄で過酷だった。


井伊家のひとも、北条氏と結ぼうとして今川家にやられたり、桶狭間でやられたり、今度は松平元康と結ぼうとして計略にはまりやられそう。


ひたすら、やられる。


この井伊家という地味な素材で、最後に関ヶ原という華々しい期待もないドラマ。


それは、狭いなかで、ひたすら耐えるドラマであるというのがココまでの本質なんじゃないかな。


サバイバル。


真田丸がサバイバルだったが、井伊家はもっと難しいサバイバル。


計略に、はまるがわのサバイバル。もうマゾドラマですよ。


マゾを描くのが今回はうまい!


そういえるんじゃないかな。


大河ドラマを基本、信頼しているんで見るんだけど、たしか江姫はつまらんかったけど、

他は面白さを見出すことができる。


今回もいいよね、マゾドラマ。


ただ、視聴率がいけていない今回のドラマ。地味なのが原因で、いまいち良さが視聴者に伝わっていないのが問題では?


おんな城主?


それだけでは面白そうじゃない。


もっとおおっぴらにマゾドラマですよ!って言ったほうが良いよ。


そして、今回のドラマの欠陥だと思っているのはべたべたの描写である。


悲しい場面で、悲しさを盛り上げるために、悲しい曲で、やろうとする。


そこをクールにやったのが真田丸。悲しい場面を悲しく描写しては、かえって視聴者はさめる。もっと新しい表現をすべきだと思う。


もっともドラマチックな場面で、しらける。そこがこのドラマの乗りきれないところ。




題材は面白いと思えてきたのだが。


posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

大河ドラマ 直虎の見どころは柴咲コウのお経

一個前のドラマの回だったか、最後お経を挙げるみたいなのがあって
そこに節回しがあり、歌手でもある柴咲コウのすごいねと思った。
木村祐一の演じる強面の武士の妻に対するお経だったのだ。
柴咲コウの特徴は本ドラマにおいて不明確だったが
お経を歌う部分はこれだ!と思うようなものだ。

桶狭間の合戦を今川義元側から描いたのは初めてで期待だが
今川義元が描かれずただ命を落とした描写はあまりにつまらぬ。
ここまで今川義元はじめ今川家が最も面白い。次に坊主。

今川家には阿部サダヲの松平元康。
そこの面白さ。凡庸だが大成する期待。そして菜々緒がよい。
子役は美しすぎた。
その準備、未来に織田信長か豊臣秀吉によってとんでもないことになると思うのだが、そこは大河が素晴らしいと思うのだ。

今後柴咲コウのお経だけじゃなく、
なんだか面白いところを期待する。

三角関係などつまらぬ。
小野の親父は人生の苦しみがあった。
もう40近い私は青春ドラマの展開は無関心。
人生の悲哀、失敗、苦痛、死。
それらにだけ関心があり、自分を重ねられるのだ。

こんなことを思っていたんだが、書かずにいた。
このブログは半年ぶりらしい。
Seesaaに書く意味などあまりない。良い点がわからぬブログサービスなのだ。

ひとまず吐き出したいそんな気持ちが人間にあるのか。
それともブログやツイッターがあるからこうなるのか。
お世話になっております。Seesaa様。ごめんなさい。
ひとまず書きたい。それを実現してくれるSeesaa様だ。ありがとうございます。

ひとまず書いてしまった。
すっきりするかという、どうだろう。頭のなかを吐き出すことで気持ち悪さから逃げたいのだ。

残業地獄と、体調不良、胃腸の不良。

爽快な大河ドラマが吹き飛ばしてほしい。
爽快さは青春ドラマや直線的な人間ではない。
もっと欲望や挫折や、人間のぶつかりあいの大河ドラマが実現してくれるのかもしれない。

posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
\