2016年10月15日

大河ドラマ『真田丸』 真田幸村が大阪の陣に出向いたわけ

九度山村から大阪城に入った幸村。

死を覚悟していると思うのですがなぜ九度山村を抜け出したのでしょうか?

家族があり村の生活があったはずです。

一つは諸先輩かたの生き方にインスパイアされたということです。

先輩といえば石田三成先輩。不器用ながらも豊臣に忠義を尽くした。大谷吉継先輩も石田三成との友情に生きた、と大河で描かれた。

豊臣の恩に報いるというのもあったでしょう。豊臣ファミリーってのは非常に美しかった。鈴木京香先輩や小日向文世先輩。ファミリーを大事にした先輩たち。

それに対して徳川勢は陰謀や権力志向っぽくてどうも好きになれない描写。

そして決定的だったのが真田昌幸先輩でしょう。

自分の欲を謳歌した。最後まで武田領の回復や大名にのし上がる欲を謳歌した。

そんな先輩たちの生き方が幸村に集約されていきました。

単純ではないけど先輩かたからの継承、それが一つ感じられました大河ドラマの前回。

クライマックスですね。戦場で散るドラマといえば大河ドラマ『風林火山』の山本勘助でしたが今回はさらに華やかな戦国最後のドラマが見られるでしょう。ムズムズしてきました。大期待です!!

続きを読む
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真田丸の一つのテーマはコミュニケーションの失敗ですね

石田三成の豊臣への忠誠はあまり理解されなかった。むしろ自分の利益のためと誤解された。志がありながらも仲間が集まらなかった。
豊臣秀次もコミュニケーションがうまくいかず切腹した。
片桐且元は徳川との交渉に失敗し大阪城を去った。

今回の大河では以上のように描かれた。

コミュニケーションの失敗の結果、戦争が起きたり人が死んだりする。

これから大阪の陣。真田幸村はどうやって現代の我々にコミュニケーションするのだろうか?

posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

大河ドラマ 真田丸の真田昌幸の人生を一言で言うと!

最後まで天下とか武田氏の領地を取り返すとか義理めいたり野心的なことを言っていた。

一言でいうとさ

自分の欲に忠実に生きた!

ということだと思う。

人生を謳歌という言葉がある。

人生は歌だとすると、

自分の欲に忠実な歌は気持ちがいいものだ。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
\

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。