2016年08月21日

大河ドラマ『真田丸』『動乱』の感想:論理が通らぬ義は通らぬ

今回は石田三成が豊臣を脅かすであろう徳川への襲撃を企画するという話でした。

豊臣への義は正しいとしても太平の世を作った秀吉への矛盾が理由で味方は増えませんでした。

前回も徳川の婚儀に対しての批判が反論されたのと構造が似ていました。政治は必ず合議で決めるという遺言は秀吉の死が非公表の時点では無効であると反論されたのでした。徳川は後を託されているという論理でさらに反論されたのです。

いくら義でも無理は通らぬ、ということでしょうか。

政治に限らず人間づきあいは難しいですね。

徳川はこれから豊臣を託されたのに反して豊臣を攻めていきます。これは遺言に反しているでしょう。その無理をいかにやってのけるか?それは力なのか?それが今後の展開への興味です。

余談を言いますと、細川忠興の演技がすごいですね。そこはかとない怖さを感じます。また、寧役の鈴木京香がよいです。今日も小早川秀秋に「この子はあんまり難しいことは考えれん子だから」のようなセリフを言っていてそれが小早川秀秋を楽にさせます。見ている方も楽になり絶妙な役と演技と思いました。
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
\