2018年06月10日

せごどん 偉大な兄地ごろな弟 をみて

せごどん もう奄美忘れてますね。。

3年の後倒幕の流れになっててびっくり、せごどんと一緒に驚いていてリアルだった。

せごどんっていろいろおもしろー、出世のためにはトップに気に入られることだなーとかさ。ここキモ。

月照さんのこと忘れているし。

南の島でラブとか、なんだか面白いドラマ。

ヌケが良い。やっぱ南はよい。色が綺麗。空の青、山の緑。

そういえば初夏ですね。

久光と関係悪かったんだね、しらなかた。藩のエースじゃないのかよ。

場面はきな臭いところに突入、久坂玄瑞とか今日でてきたし。

せごどん、太い人ですね、大久保も。

あんな熱さを持ちたい。

でさ、カミュのペスト、100分名著、
だれもがひどいものから目をそらすとかそうだよな。

にちびはモネ、
時間が固まる像のまえのゆらぎ、動きを描いたとか。

あと体験する絵画、地平線がないとか。

女性の対談者がよかったな。

だれだろ。

マーク・ロスコの絵との共通点は体験だと。。なるほどです。
どちらも物質的ななにかの前に体験がある。
そう厚塗りのモネの絵のまえにゆらぎのまえに
鑑賞者はただの写しを見るわけじゃない。その絵、そのもの、物質と対峙するのだ。


続きを読む
posted by 大河ドラマ『真田丸』感想を主に書くブログ at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
\